magazine

                   

最新記事 一覧

PICK UP

  • FRBイエレン議長が退任前に語った重要な指摘 - 粛々と利上げを実施していくという立場であったFRBイエレン議長。 おそらくトランプ政権が考える経済の軌道と異なるイメージを持っていたかもしれませんね。 日本も米国も近年稀に見る好景気。ただし、好景気がゆえに、ネガティブな情報や政策次第では、ドーーーンと暴落するリスクを抱えています。俗な言い方ですと、売れが売...
    4 か月前

いつもご覧頂きありがとうございます。こちらの Digest は下記の2つのランキングに参加中です。応援くださる方は1日1クリックお願い致します。皆様の温かい応援が更新の励みになっております。

ブログ内検索

2011年7月29日金曜日

人ごとではない!? あなたの恋人、夫は大丈夫だと言えますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ
久しぶりに背筋がぞーーっっとしました。
でも、これって多分現実なんでしょう。

理想の結婚生活を誰もがおくりたいと考えていることと思いますが、まさか冤罪で逮捕された後の自分たちの人生を想像するなんてことは、あまりないことだと思います。





  • 発売日 : 2007/08/10
  • 出版社/メーカー : 東宝


しかし、都心近郊にお住まいの方は多くの人が電車で通勤するわけです。 正義は証明されるのではなく、犯罪は利害によって作られる/作らねばならないのだ、というお役所の事情をしっかりと反映作品と言えるでしょう。 結婚されている方も、現在、彼氏がいる方も見ていて損はないでしょう。冤罪事件の発覚が続き、国民の多くも警察の取り調べに疑問を持ち始めている昨今ですが、まさに冤罪を生み出すメカニズムが分かりやすく描写されているといった作品です。

 [作品のポイント]

・乗車率250%、280%は当たり前。
・言ったもん勝ち(起訴された場合99.9%の確立で有罪)
・証拠はすべて警察側に(有罪に有利な証拠のみ利用)
・罪を認めない場合、長期拘留は可能


 
監督は周防正行 監督
配給:東宝



0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...