magazine

                   

最新記事 一覧

PICK UP

  • 2018年は「投資信託」離れが加速か・・・ - 資産運用系の雑誌媒体では絶対に記事にならないトルコリラでの運用。 当然といえば当然である。 バカ高い手数料のかかる投資信託が売れない事態となりかねないからである。大手メガバンクの広告に支えられる雑誌媒体が投資信託の販売の阻害となる運用を勧めることなどできるはずがない。しかし、先日5億円の顧客の運用資産を横領...
    18 時間前

いつもご覧頂きありがとうございます。こちらの Digest は下記の2つのランキングに参加中です。応援くださる方は1日1クリックお願い致します。皆様の温かい応援が更新の励みになっております。

ブログ内検索

2011年10月10日月曜日

必要とされる精子、必要とされない精子

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ














記事元はこちら
「精子の段階で差別 !? それとも、これは区別? 望まれる精子、拒否される精子」



大人になるにつれ、私たちの社会では何かしらの「色」で判断されるのが強くなってきます。


子供の頃はスタートが一緒だったのに・・




そんな「色」も今では、年齢がどんどんと掘り下げられているように思えます。
ゴルフを目指すにせよ、音楽を目指すにせよ、テニスを目指すにせよ。。


現在活躍されている方の多くは、小さい頃から英才教育を受けた方々ばかり。
国会における政治家においては、かなりの数の議員が地盤を引き継いでいる議員さんばかり。




次は精子の段階で「色」がつけられていくのかもしれません。



どうらや赤毛の精子が現在ではニーズがないようです。









0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...